徳洲会グループでは”徳州新聞”という週刊の新聞が発行されており、北は北海道から南は沖縄まであるグループ内の病院に届けられます。

病院の待合室などに置いてあり、来院された患者様に自由に読んでいただくことが出来ます。

今回(2020年2月10日号)、患者様向けの情報として、大腸がんの早期発見に関する記事を書きました。

よろしければ、下記のリンクからご覧下さい。

大腸がんの早期発見に関する記事

永田充医師の大腸がん早期発見に関する記事
大腸がんの早期発見に関する記事が掲載されました。
大腸がんは初期の段階で見つかれば、大腸カメラを利用した治療により、おなかを切らなくても完治が望めます。

大腸がん、大腸ポリープについては、下記の記事もご覧下さい。

おすすめの記事