消化器内視鏡分野のトップジャーナル、Gastrointestinal Endoscopy(GIE)から新しいESDの方法として発表しました。

従来は送気下で行われていたESDを浸水下で行うという新しい方法です。

視野改善、浮力、吸熱効果、水圧を自由に使えるなど、従来のやり方にはないメリットがあります。

論文の著者インタビューで、概要を説明しています。YOU TUBEから見ることが出来ます。

おすすめの記事