GIEは米国消化器内視鏡学会の公式ジャーナルであり、最も影響力のある消化器内視鏡専門誌の一つと言われています。

今回、そのGIE に胃がんのESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)に関する当科の原著論文がアクセプトされました。

GIEに当科の論文がアクセプトされたのは、2年ぶりになります。

この論文では、胃がんのESDにかかる時間を短縮するための方法を述べています。

従来の方法と、S-Oクリップという処置具を用いた新しい方法をランダム化比較試験で検討しました。

結果、胃ESD施行時間(中央値) は、従来の方法で治療した群では52.6分だったのに対して、S-Oクリップを使用した群では29.1分と、統計学的に有意に短縮しました。

ESDにかかる時間が短縮することで、患者様への負担を軽減することが出来ます。また、ESDの難易度が下がるため、穿孔などの合併症の予防の観点からも有用な方法と考えております。

下記からアクセスし、無料で論文・動画をご覧いただいたり、PDFをダウンロードすることが出来ます(2020年10月20日の時点では、まだ編集作業の途中のバージョンのため、完成版はもう少しお待ち下さい)。

DOI:https://doi.org/10.1016/j.gie.2020.09.049

スポンサーリンク
おすすめの記事