大腸カメラ(大腸内視鏡)

湘南藤沢徳洲会病院・内視鏡内科の医師、永田充です。
本日は大腸カメラについてご説明します。

大腸カメラで何が分かりますか?

大腸カメラを受けることで、大腸にポリープやがん、特殊な腸炎などの病気がないかが分かります。
例えば、
・下痢が続いていたのは、腸炎が原因だった
・血便が出るのは、大腸がんが原因だった
などと診断することが出来ます。
大腸ポリープが見つかった場合、大きさにもよりますが、その場で切除することが出来ることが多いです。
ほとんどのポリープが日帰りで切除出来ます。

大腸カメラは大変ですか?

やはり、痛みが出ないかが一番心配ですよね。
痛みの出やすさには、個人差があります。
「全く痛みがなく、胃カメラよりもむしろ楽でした!」と言われることがあります。

一方で、大腸カメラを入れていく際に痛みが出る方もいます。
過去におなかの手術をされた方は特に痛みが出やすかったり、カメラが奥まで入りにくかったりします。
大腸カメラは機種によって太さが違います。
細いカメラを用いたり、痛み止めを注射して検査することで痛みを軽減できることがありますので、担当医にご相談ください。

カメラが奥まで入ったら、ガスを入れて腸を膨らませながら観察していきます。
以前は空気を入れて腸を膨らませていましたが、おなかが張った感じが出やすいのが欠点でした。
現在では空気の代わりに二酸化炭素を入れて腸を膨らませる装置が開発されています。
二酸化炭素を用いることでおなかの張った感じを軽くすることが出来ます。

特に症状がないけど、大腸カメラを受ける必要はありますか?

初期の大腸がんは症状が出ないことがほとんどです。
血便や腹痛などの症状が起きてからでは、既に進行して転移している可能性もあります。
ポリープが少しずつ大きくなって大腸がんになることが多いため、ポリープを早めに切除することで、大腸がんを予防出来ます。

大腸ポリープを切除する際、入院は必要ですか?

ほとんどの場合、日帰りで切除することが出来ます。
血液サラサラの薬を飲んでいたり、ポリープが大きい場合は入院が必要な場合もあります。
事前に担当医とご相談下さい。

大腸カメラの申し込み方

当院で大腸カメラを希望される方は
・内視鏡内科
・肝胆膵消化器病センター
・消化器内科
・外科
・総合内科
などの外来でご相談下さい。