湘南藤沢徳洲会病院・内視鏡内科、医師の永田充です。

2019年9月10日、ココテラス湘南で開催された湘南薬剤師連携カンファランスで、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)に関する講演をしてきました。

今回は薬剤師の先生方にお集まりいただきました。

ESDは食道・胃・十二指腸・大腸癌などの内視鏡治療法です。

ESDは国立がんセンター、佐久総合病院、岸和田徳洲会病院、虎の門病院、自治医科大学を中心として、2000年ころから徐々に全国に広まってきました。

私が医師になったのは2006年で、その頃、ESDはまだ一般的な治療法ではなく、内視鏡治療に先進的な取り組みをしている病院以外では行われていませんでした。

私が研修医の頃、ESDはとにかく難しい治療法という話を聞いておりました。

しかし、外科手術と違い、おなかを切らなくても良いですし、臓器が温存されるため、患者様への体の負担の軽い治療法であることは理解しておりました。

その後、新しい処置具の開発、エキスパートの医師によるライブデモンストレーションなどを通じて偶発症の予防法や対策などが周知されてきました。

現在では、ESDは食道・胃・大腸がんの標準的な治療法として確立しています。

ただ、ESDは技術的に難易度が高い治療法であることに変わりはなく、どの病院でも行われているわけではありません。

また、内視鏡を専門にされていない他の科の先生方、医師以外の職種の方には、ESDに関する細かいことは、まだ十分に知られていないような印象を受けることがあります。

今後も機会があれば、講演会や学会でESDに関する発表していきたいと考えております。

おすすめの記事