左下腹部に痛みがある場合、胃腸だけではなく、尿管、血管の病気の可能性もあります。
また、男性では前立腺・精巣の病気、女性では卵巣・子宮の病気も考えられます。
どんな痛みなら急いで受診すべきなのか、どんな病気の可能性があるのか、ご説明します。

痛み方でどのような病気か、推察出来ます

おなかの痛みはどのような痛みが出ているかによって、身体の中でどのような不具合が起きているのかを推察することができます。

痛む部分がはっきりしない内臓痛

一般的に多く起こりがちなのは、「内臓痛」と呼ばれる腹痛で、おそらく誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。下記のような痛みが特徴です。

・痛い場所がはっきりしない
・押されるような、しぼられるような鈍い痛み
・痛みに波がある

内臓痛は、消化管などの内臓を取り巻く膜が痙攣して縮こまったり、内圧がかかったりして、そこにある神経が刺激されて起こるものです。
内臓痛を引き起こすよくある原因は、暴飲暴食や刺激の強いもの(アルコールや冷たい水の飲み過ぎ、香辛料や脂肪の多い食事)によるものや、細菌やウイルスの感染による胃腸炎です。これらの場合は、数日ほど安静にしていれば自然に治ることがほとんどです。

痛む部分がはっきりしている体性痛

一方、突き刺すような痛みが続くようなら「体性痛」(たいせいつう)である可能性があります。
体性痛はおなかの中にある腹膜に炎症が加わったときに起こるもので、虫垂炎(いわゆる「もうちょう」)など緊急手術が必要となるケースもあります。

・痛む場所が限定されている(はっきりしている)
・突き刺すような激しい痛み
・痛い部位を押すと痛みが増す
・歩いたり身体を動かしたりすると痛みが響く

このように、左下腹部の痛みといっても、どのような痛みなのかという情報があるだけで、考えられる病気や処置が大きく変わってきます。

正しい診断のために医師に伝えたい情報とは

病院では、問診や身体診察(視診、触診など)を行って、必要に応じて検査などでチェックして、どの臓器が痛みを引き起こしており、どんな病気なのかを診断していきます。
大事なのは、診断に至るための情報を医師にしっかり伝えることです。
下記のようなことを伝えると診断に役立ちます。

・どのような痛みか:ズキズキ、刺すような痛み、差し込むようなにぶい痛み(鈍痛)など
・どのように発症したか:突然、急に起こった、徐々に起こったなど
・痛みはどのくらいの期間続いているか:ずっと痛みが続いている、痛みに波がある、など
・痛みのピークはいつごろか:痛くなってから1時間後くらいなど
・痛みの程度は変化するか:だんだん強くなる、しばらくしたら痛くなくなる、痛みは変化しない、など
・何をすると痛みが変わるか:食事、排便、深呼吸、身体を動かす、など
・腹痛がある間はどう過ごしていたか:横になっていた(眠れた/眠れなかった)、仕事や家事をしていた、食事をした、便通があったなど

この他にも、普段食べ慣れないものを食べた、海外旅行に行っていた、今までに同じような腹痛を起こしたことがある、今までに手術をしたことがあるなど、思い当たることや違和感があれば伝えてください。
飲んでいる薬、漢方、サプリメント、健康食品などを知らせることも診断の助けになります。

左下腹部の痛みを引き起こす病気について、原因となる部位別(腸、泌尿器、血管)や性別に分けて解説していきます。

左下腹部痛を引き起こす腸の病気

左下腹部痛を引き起こす腸の病気としては、主に次のようなものが挙げられます。

・腸の閉塞(便秘やヘルニアを含む)
・大腸炎(感染性・虚血性)
・大腸憩室炎
・大腸癌

腸の閉塞

さまざまな理由で腸が閉塞したり、消化物が通過しにくくなったりすると、腹痛や腹部膨満感、吐き気や嘔吐などの症状が出てきます。

その理由の一つに便秘があります。大腸の中でも、直腸の手前にあるS状結腸は便が溜まりやすい場所で、左下腹部にあります。便秘が長引いて便が貯留すると、左下腹部の違和感や張り(膨満感)が出現しやすくなります。

また、鼠径(そけい)ヘルニア(一般的に「脱腸」と呼ばれる)でも、腸の閉塞が起こります。ヘルニアとは臓器が本来ある場所から飛び出してしまうことをといい、この場合は腸の一部が足の付け根にある筋肉の穴に入り込んでしまい、飛び出したまま戻らない状態(嵌頓;かんとん)が続くと、腸が締め付けられて血流がさまたげられ、強い痛み(疼痛)が出ます。

大腸炎

何らかの原因で大腸に炎症が起こった状態を大腸炎といいます。多いのは、食品などを介して体内に入った悪い細菌やウイルスなどが感染し、身体の防御機構(免疫)が対応した結果として炎症が引き起こされるケースです。腹痛のほかに下痢が起こることが多いです。

大腸憩室炎

憩室とは慢性的に腸内の圧力が高いために、腸の壁の弱い部分が落ち込んでできたポケット状のくぼみのことです。
これが大腸にできると大腸憩室と呼ばれます。憩室そのものは良性ですので普段は放置して大丈夫です。
基本的に普段は症状は起きませんが、細菌が入り込んで炎症を起こすと、痛みを生じることがあります。

大腸がん

大腸がんは50~60歳ごろから発症が多くなってきます。
進行するまで自覚症状が乏しいため、普段からの便潜血検査や大腸内視鏡検査で早期発見することが大事です。

左下腹部痛を引き起こす腸以外の病気

左下腹部痛を引き起こす腸以外の病気としては、主に下記のようなものが挙げられます。
・尿路感染症
・尿管結石症
・腹部大動脈瘤
など

尿路感染症

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱に溜められ、トイレに行くと膀胱から尿道へ押し出されて排尿します。この一連のルートを尿路といい、尿路のどこかで感染症が起きた場合に「尿路感染症」と呼ばれます。なかでも膀胱炎が有名ですが、膀胱炎が悪化して、細菌が腎臓まで達すると「腎盂腎炎(じんうじんえん)」となります。腎臓は左右に2つあり、脇腹と背骨の中間あたり(背部)に位置します。左側の腎臓が腎盂腎炎になった場合は、左の脇腹から腰にかけての痛みが起こります。発熱や嘔吐、全身のだるさ(倦怠感)を伴うことが多く、血尿が出ることもあります。

尿管結石症

左下腹部が痛む病気としては「尿管結石(にょうかんけっせき)」もあります。腎臓から尿を膀胱に運ぶための管(尿管)に石が詰まることで、脇腹もしくは背中に激痛が起こります。夜から明け方に発症することが多いです。

腹部大動脈瘤

心臓から送り出された血液は大動脈を通って全身に向けて送られます。消化管をはじめとした内臓や下半身へとつながる大動脈を腹部大動脈といい、そこにできた瘤を「腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)」といいます。多くは動脈硬化が原因で起こります。初期では症状があまり出ませんが、お腹の張りや便秘、腰痛などを訴える人もいます。おなかを触ると、心拍と連動してドクンドクンと触れる膨らみを感じることで気づかれるケースもあります。長い期間気がつかずに瘤が大きくなってしまうと、まわりの臓器を圧迫するため、腹痛が出ることもあります。瘤が大きくなって破裂してしまうと命に関わるため、緊急手術が必要になる場合もあります。

左下腹部痛を引き起こす男性の病気

左下腹部痛を引き起こす男性の病気としては、主に下記のようなものが挙げられます。

・前立腺炎
・精巣上体炎

前立腺炎

前立腺に細菌が感染することなどをきっかけに炎症が起こる病気です。発熱、残尿感、排尿時不快感、頻尿、下腹部が痛む場合もあります。排尿するときに痛みがあったり、排尿が困難であったり、頻尿になったりすることもあります。長時間のドライブやサイクリング、過度の飲酒などが細菌感染のきっかけになります。

精巣上体炎

精巣にクラミジアや淋菌、大腸菌などの細菌が入り込んで感染し、炎症を起こす病気です。陰嚢が腫れて熱をもち、押すと痛みがあることが特徴です。この炎症の刺激が神経を伝わって左下腹部の痛みとして感じることがあります。

左下腹部痛を引き起こす女性の病気

左下腹部痛を引き起こす女性の病気としては、主に下記のようなものが挙げられます。

・異所性妊娠(子宮外妊娠)
・子宮内膜症
・卵巣茎捻転
・子宮筋腫

異所性妊娠(子宮外妊娠)

妊娠の可能性のある女性で、いきなり下腹部が激しく痛み、性器からの出血(不正出血)があるようなら「異所性妊娠(いしょせいにんしん)」の可能性があります。本来なら子宮内に着床するはずの受精卵が、卵管や卵巣など別の場所にとどまってしまうという病気です。早期発見が重要なので、躊躇せずに病院に行ってください。

子宮内膜症

本来は子宮内にあるはずの子宮内膜が、子宮外にできてしまって増殖してしまう病気です。卵巣、腹膜、子宮と直腸の間にあるダグラス窩(か)という部分によくできます。腸や肺などにもできることがあります。子宮内膜症では月経痛(生理痛)や下腹部痛、腰痛、性交痛が起こることが多く、部位によって左下腹部の痛みとして感じることもあります。

卵巣茎捻転

女性の場合、下腹部には卵巣や子宮があります。突然、下腹部に激痛が起きて、痛みが続くようなら「卵巣茎捻転(らんそうけいねんてん)」かもしれません。卵巣のできものが原因で卵巣がねじれて痛みが出ます。特に以前から卵巣にできものがあることが分かっている場合はこの病気である可能性が高いので、その場合は医師にそのことを伝えてください。

子宮筋腫

子宮内の筋肉からできる良性の腫瘍を子宮筋腫と呼びます。女性ホルモンの分泌量と関係して肥大化しますが、閉経とともに縮小が見られます。いわゆる生理痛のような自覚症状があり、肥大化が進むと、膀胱や骨盤内の臓器を圧迫するため、頻尿や下肢のしびれといった症状が現れることもあります。

こんな場合はすぐに病院へ

左下腹部の痛みが下記のようなものであれば、我慢せずになるべく早く医療機関(内科、消化器内科、救急外来など)を受診してください。

・強い痛みが数時間にわたり続いている
・痛みのために眠れない/寝ていても夜中に痛みで目覚めてしまう
・左下腹部だけでなく、同時に他の部分も痛んでいる
・歩くなどの振動で、痛みがひどくなる
・痛みで腹筋に力が入ってしまう

また、左下腹部の痛みに加えて、下記のような症状がある場合も、早めに受診するようにしましょう。

・熱が出ている
・血便や下血がある
・何度も吐いてしまっている
・ダイエットしているわけではないのに体重が減ってきている

まとめ

左下腹部痛が起きている場合に考えられる病気についてまとめました。
胃腸だけでなく、尿路の病気、血管の病気などもあり得ますし、男性なら前立腺・精巣の病気、女性なら卵巣、卵管の病気も考えられます。色々な病気の可能性があるため、病院を受診し適切な検査や治療を受けることが重要です。

おすすめの記事