胃がんの内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)に関する論文を、Surgical Endoscopy(米国消化器内視鏡外科学会および欧州内視鏡外科学会の公式ジャーナル)から発表しました。

この論文では、2019年にVideoGIEから発表した方法と、通常の方法の治療成績などを比較した結果をまとめています。

胃ESDは一般的に時間がかかります。

色々な研究をまとめた論文によると、胃ESDにかかる時間は平均 73分ということです。

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy 2016; 8:517-532

この度、我々が報告した方法では、胃ESDにかかった時間は中央値 40分で、本研究における通常の方法と比較して、約 40%短縮することが出来ました。

ESDは2000年ころに日本で開発され、おなかを切らなくても、初期であれば、がんを治せるようになりました。

しかし、ESDは技術的に難易度が高いとされ、海外ではまだ普及していません。

今回の論文で発表した方法は、ESDの難易度を下げ、時間短縮、安全面の向上などに役立つと考えています。

今後もESDの発展に少しでも貢献できるよう、日々精進して参ります。

なお、この論文は著作権を取得しており、下記のリンクからPDFを無料でダウンロードしたり、動画を閲覧することが出来ます。

© Mitsuru Nagata 2020

動画は、下記リンク先の一番下の方からアクセス出来ます。

https://doi.org/10.1007/s00464-020-07590-9

Surgical Endoscopy
Surgical Endoscopy

おすすめの記事